読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くもりのち晴れ

私たちは建築を通じ「安心と心地よさ」をお届けします。

SE構法の基礎配筋

現在施工中の住宅の基礎配筋の状況です、平面的に「への字」形状のため、構造計画として基礎梁の形もそれぞれしっかりとした断面と配筋となりました、従来木造の配筋と言えば、D13〜D10(異形鉄筋)が普通ですが、この住宅ではD16(異形鉄筋の16mm)を使います、見たところ真っ黒状態です。

f:id:seizoito:20161117174136j:plain