くもりのち晴れ

私たちは建築を通じ「安心と心地よさ」をお届けします。

地盤補強工事(エコジオ工法)

エコジオ工法は、自然素材の砕石だけを使用する地盤改良技術です。

施工中も廃棄物が発生せず、他の素材に比べCO2の排出量も大幅に削減できます。「地中埋設物」や「土壌汚染」は、地価を下げる可能性があります。
砕石だけを使用するこの工法は、土地の価値への影響を最小限に抑えます。砕石は、小さく砕いた自然石です。重たい列車を支えるために、線路の下には砕石が使われています。
また、多くの歴史的な建造物にも自然石が使われています。
砕石の強度は、ほとんど劣化せず、長期的に強さを保ち続けます。

施工中に掘削した穴が崩れ砕石に土が混ざると、砕石抗が弱くなります。この工法は、独自開発のEGケーシングを使ってこれを防止することに成功。地下水のある軟弱な地盤でも、掘削した穴を崩さず、品質の安定した砕石抗をつくることができます。また液状化抑制効果も期待できる工法です。

詳しくはこちらから

https://www.ecogeo.gr.jp

f:id:seizoito:20200404074943j:plain

 

社屋外部改修工事が終了しました

2月中旬より行ってきた、当社の外部改修工事が終了しました。

外壁のお化粧直しと屋上防水トップコートの塗り替えが主な工事です。

写真は南東から広角レンズで撮影しました。コンクリートの肌色が綺麗になりました。

f:id:seizoito:20200328132432j:plain

 

新型コロナウィルスによる建設業界への影響

 

現在、中国における新型コロナウイルスの感染拡大、春節期間延長の影響により住宅設備機器であるキッチントイレ等の水回りを中心とした機器の調達遅延が発生しています。

主にキッチンのIHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機、また衛生機器、とりわけ便座関係や水栓など、これら納期回答どころか、メーカーでは「受注不可」という対応です。

未曾有の出来事とは言え、お客様には多大なご心配やご迷惑をお掛けしています。

メーカーより納期回答があり次第、随時対応していきます。

困ったものですね。

f:id:seizoito:20200325082733p:plain

 

土地選びについて

家づくりのスタートともいえるのが、土地選び。

立地や眺望、商業施設からの距離、通勤通学など、気になるポイントはたくさんありますが、見落としがちなのが、その土地の「地盤」。

丈夫な家づくりのためには、地盤のチェックが実は一番といってもいいほど重要なポイントなのをご存じでしょうか。

今回は、見落としがちな「地盤」をテーマに、重要である理由や、要注意な土地の特徴、見極めポイントについてご紹介します。

川や池、沼の近くにある土地は、水分を多く含む、粘土質の柔らかい土地になっています。

豆腐の例でいうと、乾燥した高野豆腐よりも、水気を含んだ普通の豆腐の方が、もろく崩れやすいように、やはり、水気が地盤にとって大敵になってきます。

昔からの地名がヒントになることも。

沼、沢、溝、橋、窪などの漢字が入っている地名は、水田や湿地の近くだったと考えられます。

 土地探しで見落としがちな地盤チェックですが、希望の家を建てる上でベースとなる、とても重要なポイントです。

土地選びも家づくりも、人生に何回とない大きな買い物ですので、後悔がないよう、事前確認を入念に行いたいものです。

国土交通省HPのハザードマップでは、自然災害の予測図だけでなく、土地条件図なども載っており、正確に測定されたデータに基づく情報が閲覧できるので、ぜひチェックしてみてください。

 

https://disaportal.gsi.go.jp

 

f:id:seizoito:20200320112323p:plain

 

「胸椎損傷者が安心して暮らせる家プロジェクト」

昨年より工事が進められてきた「胸椎損傷者が安心して暮らせる家プロジェクト」が完成しました。建物規模は43坪平家、長期優良住宅でSE構法での建築です。
写真は専用トイレです。車椅子からの移乗を行うために跳ね上げ式可動手すりを設置、右側には専用の手洗い器です。スペースは3.3m2です。右下に写っているのは床下エアコンの吹き出し口です。
落ち着きゆったりとした排泄環境が整いました。

f:id:seizoito:20200316075633p:plain

 

空撮

への字平面住宅の空撮

以前購入したドローン(spark)です。

普段高いとことからのアングルで建物を撮影することなどありませんが、こうした道具を使うと、いとも簡単に撮影できてしまいます。

 

この建物を紹介します。SE構法2階建、長期優良住宅仕様でおよそ50坪です。

「への字型の平面」となっています。ブルーの軽自動車方向が真南方向で、その奥が滞在する時間が一番長いリビングを計画しました。これは「パッシブデザイン」の基本ルールに忠実に沿った建築です。

こうすることで、冬は暖かな日射が沢山入ってくる事と、夏には軒庇のため暑い日差しを遮る工夫がなされています。

タダである自然エネルギーをしっかりと享受した家となりました。

空撮っていいですね。

f:id:seizoito:20190309134308j:plain

 

セルロースファイバー

セルロースファイバーは、天然繊維(パルプ)で出来た断熱材です。新聞紙をリサイクルして作っているので、住む人と地球環境に優しく、アメリカでは最も使用されています。当社でセルロースファイバーをおすすめする理由は、セルロースファイバーが、高い断熱機能だけでなく以下のような数多くの付加機能を持っているからです!

  1. 高い断熱効果により、夏は涼しく冬は暖かい家を実現する
  2. 地球や人に優しいエコロジー資源である
  3. 湿気を吸うので快適な温度をキープできる
  4. 結露やカビを予防でき、家が腐ることを防ぐ
  5. シロアリやゴキブリといった害虫予防ができる
  6. 高い防音性能で静かな家を実現できる
  7. 高い防火性能で火事に強い

経済性、施工性、リサイクル性などいくつかの選択条件がありますが、断熱材には優等生は存在しません。性能を担保して取り捨て選択をすることをお勧めします。

 

f:id:seizoito:20191202103446j:plain